クリニックで行う鍼灸

未分類 0 Comments

医師に相談現在のクリニックでは鍼灸治療が行われていますが、鍼灸治療に馴染みの無い方も多いことでしょう。鍼灸治療とは患部の経穴と呼ばれるツボを鍼や灸で刺激を与え、これによって治癒力を向上させる治療方法です。人が本来持っている自然治癒力を使った治療方法で、病気やケガにも効果を発揮します。

そして、人間の身体には361ヶ所のツボがあり、これらは東洋医学によって利用されています。ツボの大きさは500円玉サイズとなっており、このツボに刺激を与える治療です。そこでは鍼を刺しますが、中には痛いイメージを持つ方もいることでしょう。しかし、鍼灸で使用する鍼は特殊な形状となっており、太さは約0.14~0.34㎜です。注射針の太さが約0.7~0.9㎜ですので、いかに細い鍼であるかが分かります。さらに、鍼の先端は丸みを帯びており、これによって皮膚や筋繊維の間をかき分けることが出来るのです。そのため、注射が苦手な方、痛みが気になる方も安心でしょう。

さらに、鍼灸治療は鍼だけではありません。灸によって刺激も与えます。これは。もぐさをツボの上に置いて火をつけて行うもので、熱によってツボを刺激することが出来るのです。ドラッグストアでは自分で出来る灸も販売されており、ご存知の方も多いことでしょう。

この鍼灸治療は高い効果を発揮していることから、多くのクリニックで導入されています。こちらには鍼灸治療についての情報を集めました。これを参考にして鍼灸治療を受けましょう。